menu open
ページの先頭へ
  • 文字のサイズ
  • 標準
  • 拡大
色合いの変更

一般財団法人札幌市スポーツ協会

女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づく一般事業主行動計画

平成28年3月15日策定

平成28年4月1日から女性活躍推進に関する法律が施行されることから、当協会では、今後さらに女性職員が活躍できる職場環境の整備を図り、女性の職業生活を推進するため、仕事と生活の調和(ワークライフバランス)の推進における取り組みと併せて、次のように行動計画を策定した。

1. 計画期間

平成28年4月1日から令和3年3月31日まで(5年間)

2. 当財団の課題

課題1:正規職員に占める女性の割合が低い
課題2:管理職に占める女性の割合が低い
課題3:有給休暇取得の推進が必要

3. 目標と取組内容・実施時期

目標1 正規職員に占める女性の割合を25%以上にする。

平成28年 4月~ 女性の割合・人数・配置状況など現状を把握する
10月~ 現状の配置状況や施設特性を踏まえた採用計画を立案する
平成29年 4月~ 割合向上に向けた課題を検証するとともに、採用計画に基づいた採用を行う

目標2 管理職に占める女性の割合を15%以上にする。

平成28年 4月~ 目標達成のための人材育成計画を立て、研修を実施する
平成29年 4月~

育成・配置状況を踏まえながら、女性管理職の割合向上を目指す

目標3 有給休暇取得率を75%以上とする。

平成28年 4月~ 正規職員・非正規職員に対して取得率75%を目指すことを周知
10月~ 管理職による率先取得、計画取得の呼びかけを行う
平成29年 4月~ 有給休暇取得状況を分析するとともに、業務分担の見直しやプロセス改善などを通じて
取得しやすい環境づくりを推進する

女性の活躍の現状に関する情報公表

平成28年2月1日現在

1 正規職員に占める女性の割合  22.5%
2 管理職に占める女性の割合  11.8%
3 有給休暇取得率  71.4%