menu open
ページの先頭へ
  • 文字のサイズ
  • 標準
  • 拡大
色合いの変更

一般財団法人札幌市スポーツ協会

協会のご紹介

当協会は、令和2年4月に「さっぽろ健康スポーツ財団」と「札幌市体育協会」が合併統合し、「札幌市スポーツ協会」として新たにスタートしました。
私たちは統合に伴い、札幌市におけるスポーツ競技団体を総括し、競技力の向上・普及促進、国際的なスポーツイベントの誘致・開催支援などの事業に積極的に取り組んでまいります。
また、スポーツ施設、健康づくり施設、国際交流館の管理運営と、スポーツ教室や札幌マラソンをはじめとする各種スポーツイベントの開催において、市民のみなさまが生涯にわたり元気で健やかな健康・スポーツライフをお過ごしいただけるよう、ニーズや地域特性、季節に応じた多彩なサービスを提供するとともに、安全・安心で快適な施設運営を行い、これからも市民のみなさまの「笑顔あふれる未来」に向けてスポーツの振興と健康増進をサポートしてまいります。

所在地 〒064-0931 札幌市中央区中島公園1番5号 札幌市中島体育センター内
TEL 011-530-5550 FAX 011-530-5551
設立 昭和59年4月
出資金 2,000万円(うち、札幌市500万円)

 

 

■旧)さっぽろ健康スポーツ財団
昭和59年4月1日、札幌市における体育スポーツの普及振興のために必要な事業を行うとともに、札幌市の設置する体育施設の管理運営に関する事業を行うことを目的とし、「財団法人札幌市スポーツ振興事業団」として設立され、体育スポーツの普及振興に寄与してまいりました。(当時の管理施設数は11施設)
平成19年4月1日には「札幌市健康づくり事業団」と財団統合し「財団法人さっぽろ健康スポーツ財団」となり、事業の目的に健康づくり活動の支援と健康増進に寄与することが加わりました。(管理施設数は29施設)
平成25年4月1日付で一般財団法人へ移行、令和元年度の管理施設数は34施設。

 

■旧)札幌市体育協会
昭和8年の創立以来、札幌市のアマチュアスポーツ団体を総括し、市民体育大会、その他市民的なスポーツ大会の開催の他、加盟競技団体が行う競技力向上事業、普及促進事業、指導者養成事業の支援、スポーツ少年団の育成事業を通じて、札幌市のスポーツ活動の振興、普及に寄与してまいりました。
昭和54年4月1日、組織強化等を図るため「財団法人札幌市体育連盟」となり、加盟競技団体の育成強化をはじめ加盟団体間の連絡調整を密接に行っております。
平成7年5月12日「財団法人札幌市体育協会」に名称変更し、平成24年4月1日付で一般財団法人に移行しました。
主な事業としては、市民体育大会、その他市民的なスポーツ大会の開催の他、加盟競技団体が行う競技力向上事業、普及促進事業、指導者養成事業の支援、スポーツ少年団の育成事業を実施しております。